原発処理水、海洋放出

こんばんは!かるぅです。

 

 

そろそろ大学も始まり課題も出てきます。

 

 

忙しくても継続します!!

 

 

今日は710年と744年に都が遷都された日です。偶然ですね。

 

 

710年の藤原京から平城京の遷都は有名ですね。

 

 

「納豆ねばねば平城京」と覚えたと思います。(他にもあると思います!)

 

 

744年の恭仁京は「くにきょう」と読みます。難波京は中学では出てこないのかなとは思いますが、難波京は現在の大阪府大阪市なので、聞いたことはあると思います。

 

 

なお、翌年の745年には再び平城京に遷都しています(笑)

 

 

 

さて、今日もたくさんのニュースがありましたね。

 

 

特に気になったのは「原発処理水の海洋放出決定」です。

 

 

政府は13日、原発処理水の処分に関し、海洋放出する方針を決定しました。

 

 

マスコミなどが乗法の足りないタイトルと内容で報道していますが、この処分の方法は世界ではごく一般的で、かつ海洋汚染への影響はないとのことです。

 

 

メディアやマスコミの適当な報道が誤解を招いていますが、原発を置いている以上しかたのないことです。

 

 

処分に関してではなく、原発があることについて批判をすることが普通です。

 

 

SNSやニュース記事へのコメントを見ていても、知識不足の方がほとんどです。

 

 

怖い世の中ですね。

 

 

 

また明日!