このニュースは社会科で取り上げてもいいかも

こんばんは!かるぅです。

 

 

今日も朝から大学の授業です。

 

 

月曜日だけは1限からなので、対面じゃなくてよかったと思ってしまいます。

 

 

でも、いざ対面になればしっかり起きられるのが人間なので、後期は登校できたらなぁと思います。

 

 

今日の授業では、それぞれが読んだ論文をまとめ、それを発表しました。

 

 

書いてあるものをただ読むだけではなく、僕は半分くらい書いてないことしゃべりました(笑)

 

 

メモを取らなければいけなかったので、みんな大変だったと思います、、、

 

 

ごめん!

 

 

今日も塾はありませんが、明日は特別に授業時間を作ったので、自習のために解放します。

 

 

ラストスパートのために頑張って欲しいと思います。

 

 

 

さて、今日は久しぶりにニュースなどをお伝えしたいと思います。

 

 

まず気になったのは「伊吹文明衆議院議長、政界を引退」です。

 

 

自由党の伊吹元衆院議長は28日、次期衆院選に立候補せず、政界を引退する決意を表明しました。

 

 

引退理由に関しては、年相応に身体能力が低下していること、無理をさせるのは難しいことを言及していました。

 

 

伊吹元衆院議長は「自由で開かれたインド太平洋」推進議員連盟の最高顧問に任命されていました。

 

 

また、京都を愛しており知事などと手を取って、まちづくり事業などに取り組みました。

 

 

厚生分野でも、年金改革や介護制度の導入などの実績もあります。

 

 

若者にとって、高齢だと若い人にとって利益のある政策が行われないのではないかと言う不安もあります。

 

 

また、長期政権化することで企業との癒着は深まります。

 

 

新人の議員を育成する面でも、定年制度を設けるなど、いわゆる「老害」がはびこることを防止して欲しいですね。

 

 

もちろん、京都を愛している伊吹元衆院議長はどちらかというと良い人、だと思います。たぶん。。。

 

 

次は社会科で資料として扱われそうな内容です。

 

 

それは「全裸男、パトカーを襲う」です。

 

 

一昨日、茨城県で一人の男が逮捕されました。

 

 

彼は全裸になり、パトカーを襲撃しました。

 

 

また、その他にも軽自動車のミラーを折り曲げ、運転席側のドアを開けると運転手に殴りかかりました。

 

 

逮捕されたのは自称インドネシア国籍の男で、パトカーを破壊したことについて認めています。

 

 

僕は大学で社会科を学んでいるのですが、最近が移民受け入れについて学びました。

 

 

その中の意見として、「外国人による犯罪が増える」とありました。

 

 

現に、ヨーロッパの国でも移民外国人労働者によってレイプ事件が多発するなどあります。

 

 

リスクを負ってまで移民を受け入れる必要はあるのか。

 

 

今回の事件は深く考えされられます。

 

 

また、別の事件では中国籍の女2人が、執拗な客引きをしたり従業員に買収させて至りなどで逮捕されています。

 

 

移民だけではなく、外国人は日本人と感覚や規範意識が違います。

 

 

なぜグローバル化にこだわるのか。

 

 

国や自治体のやることは意味が分かりませんね。

 

 

 

 

久しぶりの時事でした。

 

 

ほかにも気になるニュースがあったり、異なる意見があったりする人はぜひコメント下さい!

 

 

 

また明日!